Loading...
アーティスト 2018-10-22T02:41:16+00:00

★出演アーティスト情報★
# EM Club Legend

11月3日(土)
会場:ヨコスカベイサイドポケット

●15:00~福井ともみwithガール・フレンズ

福井ともみ(p)  吉田奈都実 (tp) 里見紀子 (vln) 太田朱美 (fl) 江上友彦 (b)  ジーン重村 (ds)

●16:10~宮之上貴昭カルテット

宮之上貴昭 (g) 北島佳乃子 (p) 山口雄三 (b) 井川 晃 (ds)

●17:20~高瀬龍一(tp)スペシャル・グループ

岸 義和 (tp) 伊勢秀一郎 (tp) 松島啓之 (tp) 田中充 (tp) 高瀬龍一 (tp) 緑川英徳 (as) 岡崎正典(ts)   椎名 豊 (p) 佐藤慎一 (b) 加納樹麻 (ds) 岡部洋一 (per)

 # Big Band Day

 11月4日(日)

会場:ヨコスカベイサイドポケット

●14:00~Yokosuka Spirit Big Band

戦後ジャズ発祥の地・横須賀を拠点とするホットなビッグバンド。元気倍増になる演奏を目指して、キャッチフレーズは「中高年パワー全開!血圧200!」。

●15:00~Orquesta Caliente

ジャズの名曲をラテンにアレンジ、そしてマニアにはたまらないラテン名曲など様々…それでも共通しているのはとにかく『カリエンテ=熱い』演奏!

●16:00~NISSAN B&S JAZZ ORCHESTRA

1969年に結成され、49年目に入りました。その間、メンバーも入れ替わりましたがカウント・ベイシーをこよなく愛し、毎回ベイシーのナンバーを数曲取り入れて演奏しています。

# Dobuita Bourbon Street


 11月3日(土)4日 14時~21時
ドブ板通り周辺店舗

★チケット
JAZZパスポート(1日通し券 ドブ板会場共通)¥1500

★横須賀トモダチジャズ チケット情報


#ドブ板イベント広場(野外ステージ)

★11月3日(土)オープニングライブ★

■11:00~11:40 矢口壹琅 with Top of Hub

・Vocal&Guitar 矢口 壹琅(ICHIRO YAGUCHI)
バークリー音楽大学ジャズ作曲科卒業。プロレスラー、音楽家、俳優。ソニープレイステーションゲーム音楽多数作曲。【Musical Activities】FUJI ROCK FESTIVAL ’01、’02出演、内田裕也 PRESENTS 44th. 45th. NEW YEARS WORLD ROCK FESTIVAL出演。元東放学園ミュージックカレッジ音楽理論講師。
・Drums 松山 修(SHU MATSUYAMA)
バークリー音楽大学卒業。Works/平井堅、小野リサ、高中正義、クリヤマコト、MALTA、エルメート・パスコアール、ポール・グリフィン、佐山雅弘、木住野佳子、HIRO、ドーリス、CHAKA、Bobby Shew、水野正敏、TOKU、上田正樹、他多数。
・Guitar 養父 貴(TAKASHI YOUFU)
バークリー音楽大学卒業。Works/渡辺貞夫、倖田來未、mihimaruGT、鈴木雅之、平原綾香、相川七瀬、島谷ひとみ、伊東たけし(Sax)、ウィル・リー(B)、アダム・ホルツマン(Key) 、赤松敏弘、上田正樹、玉置成実、伊藤由奈、SEAMO、他多数。
・Bass 樋沢 達彦(TATSUHIKO HIZAWA)
Works/桑田佳祐、小林武史、渡辺美里、Chara、カールスモーキー石井、中森明菜、鈴木雅之、MALTA、西城秀樹、阿川泰子、松本英彦、アンリ菅野、東儀秀樹、ソン・フィルトル(堺正章、ムッシュかまやつ、井上堯之)、他多数。
・Keyboard 草間 信一(SHINICHI KUSAMA)
Works/PRISMATICA、JUJU、古内東子、Something Else、高橋克典、ケミストリー、遊佐未森、Maritess、小松秀行(ORIGINAL LOVE)、宮崎隆睦(T-SQUARE)、他多数。

■12:00~オープニングセレモニー JAZZパレード開始
■12:05~12:40  朝本千可 Chika Asamoto

朝本千可(s.sax)
Kenny Mosley (Drums)
Glynis Martin (E.bass)
小倉泰治(Keyboad)
Argie Phine (Vocal)
朝本千可/米国クレアモントカレッジ、バークリー音楽院に学び、1988 年、日本人初の女性プロサックス奏者として、アルバム「GYPSY MOON」(日本コロンビア)でデビュー。JAZZ に R&B やポップスなどを取り入れ、リリカルな表現力を持った音楽性のみならず、その存在は、当時の日本のジャズ界に大きな衝撃を与える。
凛とした美貌と、ワンアンドオンリーなソプラノサックスの音色、スタイリッシュなステージでアジアを代表する女性サックス奏者として国内外で幅広く活躍中。